河井寛次郎

明治23年8月24日、島根県安来町(現在の安来市)に大工の家で誕生しました。松江中学を卒業ののち、東京高等工業学校(現在の東京工業大学)窯業科へ進学します。大正3年、東京高等工業学校卒業後は、京都市陶磁器試験所へ入所し、東京高等工業学校の後輩でもある濱田庄司とともに釉薬(陶磁器の表面を覆うガラス質の部分)の研究や、過去の中国陶磁器などの研究も行いました。大正9年、京都府五条坂で宮大工の娘、つねと結婚し、その地を拠点として自宅に工房を構え、周辺の職人や作家とともに創作活動に勤しみました。大正10年、東京と大阪の高島屋にて第一回創作陶磁展を開催以降、生涯にわたり作品を発表します。また昭和12年には、自らが設計した自宅兼職場を建築しました。ここはのちに河井寛次郎記念館となっています。作風は三期に分類され、中国陶磁器にならった技巧的で華麗な大正時代の作品が主である初期、昭和の戦前時代の「用の美」を意識した、暮らしの中に溶け込んだ品々を生み出した中期、戦後仕事が再開されると「用」の枠を超え、生命力のあふれる力強い、造形世界を表す後期、とされています。戦時中は作陶が中断されたため、その間は自己を「書くこと」で表現し、書やことばも残しています。また、戦後は世界の民族芸術にも影響を受け、木彫にも取り組み、陶器と並行して100点近くもの作品を生み出しました。昭和41年11月18日、76歳で亡くなりますが、文化勲章、人間国宝、芸術院会員などの受賞は辞退、無位無冠を通して晩年まで創作活動を行いました。

srilanka-festival.jp